二つの風俗 | 風俗のエステ店で、刺激的で癒されるマッサージを受ける

二つの風俗

石に座っている女性

近年の風俗はけっこう多様化してきており、業種の名前も増えてきましたし、同じ業種を名乗っていてもサービス内容で他店と差をつけようとして、結果、とてもいろいろな種類があります。
風俗に通う側としては、いろいろな種類があると選ぶ楽しみもあります。
ただ、どれだけ趣向を凝らして多様化し、サービス内容を工夫しても、一番基本的なものには敵いません。
すなわち、デリヘルとソープランドです。

これら二つの風俗はあらゆる風俗の中でも最も人気の二つで、デリヘルは無店舗型の、ソープランドは店舗型の代表格と言えるでしょう。
最も人気だということは、愛されるだけの理由があるということであり、どんな種類の風俗を考えようとも、結局はこの二つに帰ってくるでしょう。いえ、人にはそれぞれの好みがありますので、デリヘルとソープランドが絶対的に優位だとは言えませんが、このサイトにおいては、この二つの風俗を特に推していきたいと思います。

まずは簡単に紹介していきましょう。
デリヘルとは、デリバリーヘルスの略称で、自宅やホテルに派遣してヘルスサービスを行う風俗のことです。デリヘルと反対に、お店にてヘルスサービスを行うのをファッションヘルスといい、箱ヘルという略し方がされます。
ヘルスサービスというと、「健康」という言葉を使って上手くイメージ操作をしていますが、ようはエッチな行為全般のことを指します。つまり、自宅などに女の子を派遣してエッチなことをしますよ、というサービスになります。

ソープランドとは、店舗型の風俗で、利用客に浴室を貸し出す形の風俗店になります。
貸し出すのはあくまで浴室のみで、そこを訪れた女の子に入浴を手伝ってもらう、というシステムになっています。そのため、料金設定は二段階に分かれているのが特徴です。
ただお店の中でエッチなことをするだけではなく、最寄り駅まで迎えの車が来てくれるなど、独特のサービス体系を持っているのもソープランドの特徴です。